純資産が5000万円を突破しました

こんにちは、アウディです。

つい先日、純資産が4000万円を突破したという記事を書きました:

www.europa-kenbunroku.net

それからまだ一月も経っていないのですが、私の純資産が5000万円を超えてしまいました。 正直、こんなに早くこの金額に到達するとは思っていませんでした。

もちろん、主な原因は暗号通貨の値上がりによるものです。 当時の記事をみると、 「1BTC=1800ドル」 と書いてあって、今となっては 安っ! って感じです。 ここの所、アルファベット・アマゾンの株価も上昇し、私の株の時価総額も数十万円は増加したと思うのですが、 それが完全に霞んでしまっています。

Bitcoinの価格については、少なくとも今後一年は強気ですが、 弱小アルトコインについては、そう遠くないうちにバブルが弾けると予想しています。 なので、様子をみながら暗号通貨ポートフォリオを調整していきたいと思います。

私の資産額の目標は1億円なので、これ以上そんなに暗号通貨で稼ぐ必要もないのですが、 どんどん値上がりしているので、売るのも惜しい状況です笑。 まあでも、あまり調子に乗り過ぎないほうがいいんだろうな….

資産5000万円は富裕層への入り口

グーグルで 「資産5000万円」 を検索すると、この金額は お金持ちへの入り口 であるという話がでてきます。 なぜなら、 5000万円あれば、ギリギリ働かずに運用で食べていくことも可能 だからです。 (ただし、一生独身)

以前の記事でも書いたとおり、アメリカ株の歴史的リターンは実質7%程度です。 やや遠慮して、毎年4%づつ取り崩したとすると、毎年200万円で、そこから税金を引いて、毎年160万円使えることになります。

月々13.3万円。 かなりカツカツですが、地方都市で一人暮らしなら生活できますね。 私の大学時代の生活費はよりも多分多いです笑。 (ちなみに、私は大学時代家賃3万円以下の物件に住んでました)

この収入がずっと続くと厳しいですが、資産額は平均的には毎年 $7-4=3\%$ 増えていきます。 20年後には取り崩せる額が $1.03^{20} = 1.8$ 倍になっているので、生活がだいぶ楽になっているはずです。

ただし、5000万円は本当にミニマムな額なので、 リタイア直後にリーマン・ショックが来たら計画は破綻します。 まあ、でもその場合はバイトでもすればよいでしょう。

資産運用系ブログ主の資産

世の中には、資産運用に関するブログを書いている人が結構いますが、 その中でも5000万円は中堅どころという感じでしょうか。

幾つか有名どころを見てみると…

みなさん、僕よりも少し多いくらいですね。 今後、これらの資産額を抜けるか楽しみです。