Bitcoinウォレットの Blockchain.info をつかってみた

こんにちは、アウディです。

ここのところ再びビットコインが上昇し始めて最高値を更新しています。今のところおよそ 1BTC=$1300 で取引されています。

ビットコインが値上がりしてくると、ビットコインのことが気になりだして関連情報をついついチェックしてしまいます! 逆に値下がりすると、ビットコインのことをきれいサッパリ忘れるのですが…

私はビットコインを時価600万円分ほど持っているのですが、全く使ったことがないので使ってみることにしました。

Bitcoinウォレットの作成

Appストアに行くと、いろんなBitcoinウォレットがありますが、私は Blockchain というアプリをインストールしました。 アプリ名が普通の名詞すぎてわかりにくいですね…

メールアドレスとパスワードを設定すると使えるようになります。

特徴
  • メールアドレスだけで登録することができる
    • 比較的、匿名性をもってビットコインが使用可能
  • 作成したウォレットは、ブラウザからも操作・確認ができる

ウォレットへのBitcoinの送金

私は Kraken の口座はいっているBitcoinを、ウォレットに送金してみます。

送金手順
  1. Blockchainアプリの受信タブで、自分のアドレス (= 34桁の英数字) を調べる
  2. Krakenの出金のページで、上記アドレスを登録し、送金
  3. 送金が確認されると、アプリ上でビットコイン残高が増える

間違ったアドレスにビットコインを送金してしまったりすると、帰ってこないので、最初は少ない額で試したほうがよさそうです。 ちなみに、送金の進行状況はchainflyerで調べることが出来ます。

送金が確認されるのには、少なくとも30分程度はかかります。 おそい…

Bitcoinでお買い物

特にほしいものがないので、eGifter というサイトでAmazon.comのギフトカードを買ってみます。 このカードを使うと、アメリカのAmazon.comでお買い物をすることが出来ます。

買い方は簡単で、普通に欲しい額のAmazon.comのギフトカードをカートに入れます。 支払いの段階で、"Pay with bitcoin" という選択肢が出るのでそれを選択肢します。 すると、支払うべきビットコインの額と支払先のアドレスが表示されます。

先ほどインストールした、BlockchainアプリのBitcoinウォレットで支払う場合は、 QRコードをスキャンするだけで簡単に支払いが完了します。 PC等からでも、金額とアドレスをコピペすれば送信できると思いますが、ややめんどうです。 (PCを使って送金するなら、Blockchain.infoを通さなくてもKrakenからいきなり支払えばいいと思います。)

先ほどと同様に、送金が確認されるのに少なくとも30分はかかります。 送金が確認されてからやっと、ギフトカードがゲットできます。

まとめ

結局の所、わざわざ?Bitcoinで支払う意味はあるのでしょうか?

デメリット
  • 支払いの確認が完了するまでが遅い
  • なんだかんだ手数料が50円位取られる
  • クレジットカードのポイントのような割引がない
メリット
  • クレジットカードを持っていない又は持てない人でも使える
  • 匿名性が比較的高い

こうして考えると今の所、社会で普通に暮らしている人には、クレジットカードにくらべてビットコインで支払いうメリットはなさそうです。

出どころの怪しいビットコインを税務署に見つからずに使いたいとか、人に言えないものをこっそり購入したいとかであれば、 Bitcoin支払いのメリットがあるかもしれません。

早くライトニングネットワークのような高速決済の技術がビットコインに採用されることを祈っています!