読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本からアメリカにお得に送金する方法

現在、私はアメリカに滞在しているのですが、生活のためにはアメリカドルが必要です。 日本からアメリカに、手数料を抑えて送金する方法がわかったのでまとめます。

ポイントは、ドル円の換金手数料を抑えることと、海外送金の手数料を抑えることです。

問題設定
  • 送金金額は数十万円以上程度を想定
  • 日本の銀行口座にある日本円を、アメリカの銀行口座のドルにする

結論としては、マネーパートナーズとSMBCプレスティアを組み合わせる方法がお得です。

送金方法

概要は以下のようになります。

[日本の銀行] --> [マネーパートナーズ] --> [プレスティア] --> [アメリカの銀行]

これは、マネーパートナーズで安く、円からドルに両替して、プレスティアから安く海外送金するという作戦です。

手続きの流れ

Step1. マネーパートナーズに入金

マネーパートナーズに口座を持っていない方はまず口座開設します。

提携金融機関からは、クイック入金によって、手数料無料で即時入金出来ます。 それ以外の金融機関からでも、普通に振り込み入金可能です。

スタートアップガイド 2.入金をしましょう | FX・証券取引のマネーパートナーズ -外為を誠実に-

Step2. 円をドルに両替

マネーパートナーズで円からドルへ変換するコストは、1ドルあたり約20銭で、他社と比較しても安いです。 1万ドル両替する場合、両替手数料は2000円で済みます。 一方例えば、SMBCプレスティア (旧シティバンク銀行) では、1ドルあたり約1円の両替手数料がとられます。 なので、1万ドルを送金する場合には手数料が1万円もとられてしまうことになります

マネーパートナーズのWebページを操作して、実際に両替するやり方は結構わかりにくかったです。 なぜか、ホームページ左の取引メニューの “旧WEB取引画面(両替)” から入る必要があります。 詳しくは以下のページを参考にしてください。

外貨両替、現受け・現渡しの方法 | FX・証券取引のマネーパートナーズ -外為を誠実に-

Step3. ドルをプレスティアに送金

マネーパートナーズで購入したドルは、そのままアメリカの口座に送金できると良いのですが、それは出来ません。 代わりに、国内金融機関(プレスティア)のドル建て口座に送金します。 手数料は、2万通貨(2万ドル)以上なら無料、以下なら2500円です。

出金 | FX・証券取引のマネーパートナーズ -外為を誠実に-

Step4. プレスティアからアメリカの口座に送金

www.smbctb.co.jp

プレスティアから海外口座に送金する場合、事前に送金先口座の登録が必要になります。 送金手数料は3500円になります。

プレスティア手数料一覧

Step5. アメリカの銀行口座での受け取り

受け取る側の口座でも手数料がとられます。 私はアメリカの Citi Bank を使っていますが、$15とられました。

まとめ

2万ドルを送金するとして手数料は、 (1ドル100円で換算)

4000円(両替) + 3500円(送金) + 1500円(受け取り) = 9000円

という結果になりました。 送金金額の0.45%なので、低コストな部類になります。

1万ドルの場合は、

2000円(両替) + 2500円(出金) + 3500円(送金) + 1500円(受け取り) = 9500円

で、手数料は送金金額の0.95%という結果になりました。

送金額が少額の場合は、マネーパートナーズを使わずに、プレスティアでドルに両替して海外送金してしまっても良いと思います。

注意点

  • 初回は、このプロセスを回すのに、なんだかんだ一ヶ月程度かかると思います
    • マネーパートナーズからの出金で一週間程度待たされます
    • 海外送金は初回は一週間以上かかります。 (ただし、同じ口座に何度も送金する場合、2回目以降は早くなります)
  • プレスティアの口座は、所定の条件を満たさないと、維持手数料として毎月2000円とられます
    • とりあえず、外貨を(月間平均総取引残高)20万円分以上入金しておけば無料です

補足: マネーパートナーズの活用

マネーパートナーズの口座は、他にも外貨をゲットするのに便利なサービスがあります。

空港外貨受け取りサービス

マネーパートナーズで購入した外貨を、空港で受け取ることが出来ます。 ドルの場合最大2000ドルまで受け取れます。手数料はたったの500円です。 日本から出国時に、当面必要なドルを得るのに便利です。

マネパカード

マネーパートナーズで購入した外貨を、海外のATM(マスターカードのロゴのついたATM)で引き出すことが出来ます。 米ドルの場合、手数料は1回2ドルです。 1000ドル程度の金額が急に必要になった時に有用です。

  • マネパカードの口座に移すのに別途0.4%の手数料がかかりますが、それでも日本円からの両替手数料は 0.2+0.4=0.6% で安いです
  • アメリカの大体のATMにはマスターカードのロゴがついていて、マネパカードが使えます

Manepa Card を作る

補足: 楽天銀行との比較

最初、各銀行からの送金手数料を調べていた所、 楽天銀行の 海外送金手数料750円 というのが目にとまり、これはお得なのではないかと思いました。 しかしこれは引っ掛けなので、注意してください。(こういうところに楽天の企業体質が表れている気がしますね…)

注意点1. 円預金口座からしか送金できない

楽天銀行からドルを送金する場合、円預金口座から円で引き落としてドルに両替し、送金する形になります。 以下は、楽天のページからの抜粋です:

Q. 【海外送金】個人の外貨預金から送金することはできますか?
A. 個人の外貨預金口座から引落・送金はできません。
   全て円預金口座からの円での引落・送金となります。

なので送金手数料は、 750円 + 3000円(円貨送金手数料) = 3750円 になります。

注意点2. 両替手数料は安くない

楽天銀行で、海外送金する際に、円からドルへ変換するコストは、1ドルあたり1円程度で安くはありません。 下記のページの為替コストは安いですが、これは外貨預金をする場合の手数料で、海外送金の際には適用されません。

楽天銀行 為替コスト

トータルでは、プレスティアで両替して海外送金するコストと同程度だと思います。 プレスティアの口座維持が面倒な方は、楽天銀行を使うのがおすすめです。